街がカワる、人がユタカになる|アーバス南千里

302

 

宮下医院

当院は、阪急南千里駅の改札より徒歩1分余りで、りそな銀行千里支店の上3階に位置し、敷地面積は60坪あり、広い待合、2つの診察室、3ベッドを含む処置室、一般X線装置、心電図、呼吸機能スクリーニング検査、超音波検査装置のほかGE社製の新型CT装置(16列)を設置し、かかりつけ医として一連のスクリーニング検査とインフルエンザなどの感染症対策がとれるように配慮いたしました。

 

とくに頭部CT装置は検査時間が5分弱であり、急性期の脳出血、亜急性期~慢性期の脳梗塞、硬膜下血腫や径5mm以上の脳動脈瘤(疑い病変)が診断可能です。また、脳萎縮や大脳白質病変も明瞭に描出可能です。

 

当院入口から直ぐの場所に隔離待合室と隔離診察室を備え、インフルエンザや感染性胃腸炎などの患者様を受け入れる用意をしております。また、インフルエンザについては高感度で検出できる装置を備え、必要に応じて検査を実施致します。

〒565-0862
大阪府吹田市津雲台1-1-2 アーバス南千里302

 

TEL:06-6834-3333

 

http://kmiyasit-clinic.com/